FXのデイトレードとスキャルピング

FXの初心者入門

FXのレバレッジとは?

FXのレバレッジとは、FXを運営している企業に証拠金と呼ばれる一定額のお金を預け、そのお金の何倍ものお金を借りて取引ができるシステムのことを言います。何倍のお金を借りるかという倍率のことをレバレッジと呼称することもあります。

 

スキャルピングFXプロ パリス昼豚の5万円FX

 

例えば、10万円をFXを運営している会社に預け、レバレッジを10倍にしてドルを購入するとします。普通だと、10万円分しかお金を預けていないので、10万円分しかドルを買えないはずですが、レバレッジを10倍にした場合、70万円近く買えることが多いです。もっと高い25倍にした場合には、さらに150万円以上の取引を行なうことができます。10万円分ドルを買い、ドルが上がっても、そこまで利益になりませんが、70万円分や150万円分もドルを買って、ドルが上がった場合には、非常に大きな利益を手にすることができます。

 

マエストロFX マナブ式FX

 

しかし、逆にドルが下がった時には、大きな損失が出るので、一瞬にして10万円を失うこともあります。大抵のFX業者には、ロスカットというシステムがあり、証拠金がなくなったり、なくなりそうになったりした時点で、自動的に決済がなされ、借金になるということはありません。急激な為替の値動きがあった時には、ロスカットの自動システムが間に合わず、借金を抱えるということも稀にありますが、そのリスクはあまり高くないとされています。このレバレッジシステムのメリットは多く、資本が少ない人でも大きく儲けることができるというメリットがあります。少ない資本から億万長者になる人も多いFXですが、それはレバレッジを効かすことができるという点が大きいと言えるでしょう。

 

FX jin 恋スキャFX


Copyright (C) 2009 FXの初心者入門 All Rights Reserved.